しまなみQ&A

“鳴き龍”現象

“鳴き龍”とは、日光東照宮や京都相国寺等の堂内で、天井画の龍に向けて、拍手や拍子木を打つと、音の多重反射音が聞かれ、あたかも天井の龍が鳴いているような現象のことをいいます。  多々羅大橋でこの“鳴き龍”が起きることは、設計時、誰も予想していませんでしたが、塔の立体幾何学形状と高精度の架橋技術の合作である約5秒間程の音響学体験ができますので、多々羅大橋の自転車歩行車道通行時に、ぜひお試しください。

ページの先頭へ戻る