脇屋義助公廟

国分寺から南東に少し歩いた山あいにあります。南北朝時代、南朝方は四国の総大将として新田義貞の弟脇屋義助を刑部卿に任じて伊予(現在の愛媛県)に派遣しました。義助公は今治浦に上陸し本営を国府に移しましたが、20日ばかりで病没しました。現在の墓碑は江戸時代に再建されたものです。

営業時間 自由
休日 無休
料金 無料
所要観光時間 30分
お問い合わせ 今治地方観光情報センター
今治市北宝来町1丁目775
TEL:0898-36-1118
FAX:0898-25-2960

アクセス

尾道側から

自動車 今治IC → 約20分 → 目的地
バス しまなみライナー → 今治駅前下車 → 市内バス今治-馬越-桜井団地-唐子台 -済生会病院-フジグラン前-今治循環線(桜井団地循環)・約22分 → 国分寺下車 → 徒歩・約10分 → 目的地
船舶 最寄港名:今治港
自転車 最寄サイクリングターミナル:道の駅[今治湯ノ浦温泉]
最寄自転車道出入口 → 約60分 → 目的地
橋名:来島海峡大橋

今治側から

自動車 今治小松自動車道・今治湯ノ浦IC → 約5分 → 目的地
バス 今治駅前 → 市内バス今治-馬越-桜井団地-唐子台-済生会病院-フジグラン前-今治循環線(桜井団地循環)・約22分 → 国分寺下車 → 徒歩・約10分 → 目的地
船舶 最寄港名:今治港
自転車 最寄サイクリングターミナル:道の駅[今治湯ノ浦温泉]
最寄自転車道出入口 → 約60分 → 目的地
橋名:来島海峡大橋

ページの先頭へ戻る