遍照院(厄除け大祭)

毎年2月の節分の日に行なわれる「遍照院:厄除け大祭」では、県内外から厄年を迎えた大勢の人が訪れ、厄除け祈願を行ないます。山門の入り口でわら草履に履き替えた老若男女たちが、参拝祈願を終わるとこれを脱ぎ、護摩を焚いて焼き、厄除けを祈願するのが慣習となっています。
午前10時と午後2時に、61歳の男女による餅まき、豆まきが行われます。瓦の町ならではの「福は内、鬼も内」という掛け声で賑わう。続いて41才厄男にかつがれ、鬼瓦みこしが繰り出します。

営業時間 自由
[2月3日 節分の日]
9:00から20:00
所要観光時間 30分
所在地 今治市菊間町浜89
お問い合わせ TEL:0898-54-3128
駐車場 30台
ご祈祷料 5,000円

アクセス

地図

ページの先頭へ戻る