光明坊

天平2年(730年)聖武天皇の勅願により、行基上人が開基建立したと伝えられています。 境内には十三重石塔のほかに、法然上人の形見の伝説を残す、樹齢約650年といわれるイブキビャクシンがあります。せとうち七福神めぐりの毘沙門天にあたります。
<光明坊の十三重石塔>
花崗岩で造られた、高さ7.9メートルの十三重の塔です。西大寺の興正上人の弟子、忍性が建立したものです。軒は厚く力強い反りを出し、初層四面の仏の種字はやげん彫りで、鎌倉時代の代表的な作品といわれています。国指定の重要文化財となっています。

トイレ

営業時間 見学自由
休日 年中無休
料金 無料
所要観光時間 30分
所在地 尾道市瀬戸田町御寺757
お問い合わせ TEL:0845-28-0427
駐車場 有(数台)・ 無料

アクセス

尾道側から

自動車 生口島北IC → 約10分 → 目的地
バス しまなみライナー → 瀬戸田BS下車 → 徒歩・約7分 → 目的地
船舶 最寄港名:瀬戸田港
自転車 最寄サイクリングターミナル:瀬戸田観光案内所・サンセットビーチ
最寄自転車道出入口 → 約30分 → 目的地
橋名:生口橋

今治側から

自動車 生口島南IC → 約5分 → 目的地
バス しまなみライナー → 瀬戸田BS下車 → 徒歩・約7分 → 目的地
船舶 最寄港名:瀬戸田港
自転車 最寄サイクリングターミナル:瀬戸田観光案内所・サンセットビーチ
最寄自転車道出入口 → 約45分 → 目的地
橋名:多々羅大橋
地図

ページの先頭へ戻る